フィンペシアの副作用について知っておこう

男性

AGA治療と治療薬

髪に触れる男性

AGA治療で使われる薬

AGA治療とは、男性型脱毛症治療のことです。男性型脱毛症とはまだ薄毛や脱毛するには早い年齢の人が発症するものであり若年性脱毛症の一種になります。男性型脱毛症の特徴としては、前頭部の生え際の後退や頭頂部の薄毛や脱毛といったもので、特徴のある脱毛症です。多くの場合には、前頭部から頭頂部にかけての脱毛で止まり、側頭部と後頭部だけ毛が残るといった状態になりますが、この理由は男性ホルモンが影響していると考えられます。このためAGA治療では、男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンを抑制するための薬としてプロペシアやフィンペシアといったものが処方されます。この2つの医薬品はともに有効成分であるフィナステリドが含まれており、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品になります。

同じAGA治療薬でもプロペシアは日本での臨床実験が行われていますが、フィンペシアは日本での臨床実験が行われていません。しかし、成分がほぼ同じであるため効果も副作用も同様といえます。このため価格の安いジェネリック医薬品であるフィンペシアを使う人も多くいます。一方で、副作用の可能性もあり利用するさいには注意が必要です。副作用はフィナステリドによるものが多く、ごく少数ながら勃起不全になる副作用があります。これはもともとフィナステリドが男性ホルモンに作用することで前立腺肥大症治療のために開発された成分であることが大きく影響しています。また肝機能やうつ症状への副作用も報告されていますが、勃起不全に比べると起こる頻度はさらに低いとされています。ただきちんと飲む、あるいは医師に相談しながら飲むことで副作用も抑えられることもあるので、まずはしっかりとした相談や、情報収集が必要となってきます。